何回か出会い系ホームページで知り合った乙女との体験談

MENU

ワリキリでエッチ出来る乙女との出会い

ぬきすと

女性のブリーフのクロッチ部分は色んな匂いがするんだ。おしっこ、おりものは無論、愛情液とか汗。
ぬきすとで見つけた動画の女性でもその日にて景色が変化する。何も景色がしないこともある。

 

今や、何回か出会い系ホームページで知り合った乙女はワリキリで会ってエッチなどをしてきましたが、こういうまえ会ったコは一番ビックリしましたね。

 

恋人は、21年代の麻美子という乙女で、普段はお嬢様が伺うため有名なF女子大学に通っているに関してでした。

 

も、いよいよ旅館に入るって徐々にワケがわからなくなってきて、儚くなって涙が出た、ということです。

 

下心をおさえきれなくなった我々は、のんびりゆっくりと恋人の受取るであろう部位をやさしく触っていくと、恋人も観念した、というか我々に自分を任せることにしたようです。いままで、思う存分強い住居に不自由だった自分の殻を破るには、きょうみたいな見聞も肝心かも?こんなふうに考えているのかもしれません。

 

下半身にもしっかり愛撫をし、じゅうぶん濡らしましたが本当に差し入れ、となると時間がかかるかな?と思いましたが、意外にも、粛々と恋人は我々を盛り込みました
手厚く抱きしめながら、腰を取り回すと恋人も我々に抱きついて、ちいさな所見をあげていました。

アカネ様との下ネタ話

ぬきすと

ぬきすと講座で性感帯と言っていたオマンコは素手にぐしょ濡れ。

 

ピストンすればするほど、愛情液があふれてくる。もったいないという。
こういう液を一滴残らず生まれにしみつけておきたい。いつもそれほど想う。

 

ガッチガチに反り返り立つ自分の男根に、アカネ様は情欲してしまいました。

 

アカネ様の自分の反り返り立つ男根を探る表情は、だいぶ男性には見せられないような、

 

はなはだ恍惚な表情を通していました。男性以外の男根を見て恍惚な表情を、浮かべてしまうアカネ様はかなりの淫乱。

 

アカネ様は情欲しながらの情欲フェラを始め、どんどん凄い口マンコを案内!

 

よだれを下に階に思う存分垂らしながら、全然止まらないアカネ様のフェラ。

 

ぬきすとで見た男の男根はアカネ様の唾液だらけになり、唾液のヌルヌル直感と口マンコのフィーリングが重なり、アカネ様のフェラがグングン清々しくなった。

 

自分がのぼり背部でたっぷり突いてやると、背中を仰け反りながらヒィヒィよがりひずみ、大きな喘ぎ所見を連発しながらバックイキ!

 

自分の助っ人が無いという立てないぐらい、恐ろしい受け取りまくりの淫乱なアカネ様。